オーダーテーブル 天然木テーブル販売

オーダーテーブル 販売 天然木

Concept/テーブルへのこだわり 天然木
“素材”へのこだわり
テーブルの構造
テーブル選びの     ポイント

Order/オーダーテーブル 販売
オーダーテーブル
オーダーテーブル                ご注文フォーム
製品ギャラリー

Information/インフォメーション
テーブルお手入れ
ご注文の流れ
卓屋NEWS

Showroom/ショールーム オーダーテーブル
ショールームからの    お知らせ
アクセス
お問い合わせ          サイトポリシー

天然木テーブル販売
テーブルの構造 テーブル 販売 オーダーテーブル 天然木
      テーブルの構造

テーブルは天板と脚部とで構成されています。


空間工房のオーダーテーブルの天板は一枚板と


幅矧ぎ構造があります。



テーブルの構造

一枚板はその名の通り一枚の板です。


つまり一枚の天然木でつくられた天板です。


自然の風合いは格別で世界に二つと無い希少性も魅力です。


そのため一枚板にこだわるお客様も多くいらっしゃいます。


でも空間工房では一枚板をご希望されるお客様には付き合い方や心構えを


ご説明してご納得いただいてからご購入をお願いいたしております。


まず一枚板との付き合いは、意外に手が掛かることを


知っていただきたいと思います。


木材は、オーダーテーブルになっても、木材内に二酸化炭素を


吸収し続けながら製品になっても生き続けることが出来ます。


つまり生きているがために割れや反り、更には歪みが発生することは


自然な様変わりです。


特に一枚板は元気の良いやんちゃな子供のようです。


ある日突然暴れだしたり、そっぽを向いたりと気難しい一面があります。


そして、その気難しさはいつ現れるか分からないのです。


それぞれの家の室内環境も関係するために


一概に言えませんが


その気難しさが現れるのは


翌日なのかもしれませんし、


極端に言えば納品した


10年以上先なのかもしれません。


でも、気難しさが現れた場合には


広い心で腹を立てずに付き合っていく


必要があります。


空間工房のショールームにご相談に来られた


お客様の例です。

テーブルの構造

「ここで買ったものではないのですが修理することは出来ますか?」と


差し出されたデジカメに写っていたダイニングテーブルを見て驚きました。


4本ある脚の1本が床からかなり浮き上がっていたからです。


つまり脚が浮き上がってしまうほど一枚板の天板が反っていたのです。


お客様に詳しくお話を伺ってまた驚きました。


そのテーブルは家をご新築された際に大工さんに依頼して


作っていただいたもので、ナントまだ一年ちょっとしか経っていないそうです。


考えられる理由は室内環境と材の乾燥方法。


この場合は特に材の乾燥方法に問題がありそうです。


木は山から伐採してすぐには材として使用出来ません。


それは人の身体と同様に水分を多く含んでいるからです。


特に広葉樹は天然のダムと言われるほど水分を多く


含むことが出来る優れた特性があります。


そのため最適な含水率になるまで乾燥する必要があります。


空間工房のオーダーテーブルに使用する材は製材してから数年間は


自然乾燥しています。


ゆっくりじっくり育った上質材だから、ゆっくりじっくり年数を掛けて


自然の状態で乾燥をさせます。


実はこの乾燥方法が大切なポイントになります。


通常は人工乾燥室と呼ばれる部屋で


機械によって強制的に短時間で


人工乾燥させています。


しかし、水分を多く含んでいる木は


強制的に短時間で乾燥することによって


歪みが発生します。

テーブルの構造

幹があまり太くならない針葉樹はまだしも、ゆっくりじっくり育った広葉樹には


最適な乾燥方法ではありません。


そのため空間工房は長い年数を掛けた自然乾燥をしているのです。


実はこの長い年数の自然乾燥期間中に木は乾燥するだけではなく


熟成もします。


この熟成した材こそ植物自然塗装に最適な上質材になるのです。


植物自然塗装は塗料だけのことと思っている人もいると思いますが


残念ながらそうではありません。


樹齢約100年以上のゆっくりじっくり育った広葉樹を製材から


じっくりと長い年数を掛けて自然乾燥させながら熟成した


上質材にだけ植物自然塗装が可能になります。


素材を無視して塗料だけで仕上げることは調味料だけで


味付けされた料理に似ていると思います。


素材を生かして素材に最適な調理方法が料理にあるように


家具づくりにも素材の生かし方や調理方法があるのです。


100年も200年も生きた貴重な木で作るのだから木の声に


耳を澄ませながら大切にカタチにしたいと空間工房は思います。


製品になっても生き続ける木は割れや反り、更には歪みが発生することは


自然な様変わりです。


この自然な様変わりを楽しみにして付き合えるか面倒と思うかによって


家具選びは大きく変わります。


様変わりが楽しみと思える人は一枚板でも問題ありません。


しかし、面倒と思われる人には一枚板はおすすめしないようにしております。


特にテーブルの天板は面積が大きいことから一枚板ではなく、


数枚の一枚板を矧ぎ合わせて製作する幅矧ぎ構造がおすすめです。


製作の立場から言わせていただきますと、テーブルの天板として


製作しやすいのは一枚板です。


幅矧ぎ構造一枚板に比べて数段手間が掛かります。



テーブルの構造

例えば天板サイズがW200xD100cmのテーブルを幅矧ぎ構造で


製作する場合には、長さ200cmの一枚板を数枚矧ぎ合わせをして


奥行き100cmにします。


空間工房のオーダーテーブルは天板の長い方向(木目方向)に


継ぎ目は一切ありません。


そして、天板は端から端まですべての部分が同じ厚みです。


幅矧ぎは反りや歪みなどを少なくするためには効果的な伝統技法です。


つまり一枚板が最上級品ですべてにおいて幅矧ぎ構造に勝るとは


限らないと言うことです。


一枚板は自然の風合いは格別、世界に二つと無い、一生もの、


代々使えるなどをポイントとしてアピールすれば販売しやすいことも事実です。


しかし、木は割れや反り、更には歪みが発生することをポイント以上に


アピールする必要があると


空間工房は思います。


選択することや購入すること、


更には使い続けることも


お客様ご自身なのですから、


是非お考えいただきたい大切な


ポイントだと思います。

テーブルの構造

もちろん一枚板でも幅矧ぎ構造でも空間工房のオーダーテーブルは


万一傷が付いても工場で削り直してきれいにすることが出来ます。


削り直しが出来るのは桐タンスだけではありません。


だから小さなお子様のいるご家庭でも安心してお使いいただけます。


脚部は柱として全体の耐荷重を支える大切な部分で安定性と


強度も必要です。


通常脚部は金属製のビスで天板と固定されます。


つまり後付けです。


ご使用中にゆるみが出た場合には締め直すことが可能です。


しかし、稀に製作段階で天板に固定されている特殊タイプもあり、


その場合にはゆるみが出ないような構造の製作が必要です。


また、天板には良い材を使用していても脚部に異なる樹種で


価格を抑えているものを見かけることがあります。


しかし、脚部の重要性を理解していればそのようなものを


選ぶこともないと思います。


テーブルの構造

製品ギャラリーへ

テーブルの構造▲

卓屋HOMEお買い求めについていらっしゃいませ
アクセスお問い合わせ/サイトポリシー

COPYRIGHT(C)2009 オーダーテーブル 卓屋 東京家具工業株式会社 ALL RIGHTS RESERVED.